「富山まつり」が開催されました 2018年8月4日・5日

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002703  更新日 2023年1月6日

印刷大きな文字で印刷

第58回富山まつり【2018年8月4日・5日】

  • 写真:富山まつりの様子1

    [1]夏の恒例イベント「富山まつり」が今年も開催されました。「よさこいとやま」「越中おわら踊り」「まちなか戦国体験」のほか、今年初開催の「まちなかステージ」などが行われ、多くの人でにぎわいました。

  • 写真:富山まつりの様子2

    [2]4日・5日と2日間を通して行われた「よさこいとやま」。
    59チーム約2,800人が、城址大通りや城址公園特設ステージ、県民会館、富山駅前などで演舞を披露しました。

  • 写真:富山まつりの様子3

    [3]城址公園では「まちなか戦国体験」が行われました。
    チャンバラ合戦では、参加者一人一人が戦国武将になりきり、熱戦を繰り広げました。段ボール甲冑を身に付けて戦った一幕もあり、子どもも大人も夢中になって戦いを楽しんでいました。

  • 写真:富山まつりの様子4

    [4]「まちなか戦国体験」において今年はじめて開催された水合戦では、参加者が火縄銃型の水鉄砲で撃ち合い、水しぶきが飛び交う中で熱戦を楽しみました。

  • 写真:富山まつりの様子5

    [5]「まちなかステージ」では、ダンスイベントや警察音楽隊による演奏が行われました。
    ダンスイベントでは、ハートビートライフ・オカDANCE TEAMや日本体育大学荏原高校ダンス部などのパフォーマンスが、会場を盛り上げました。

  • 写真:富山まつりの様子6

    [6]警察音楽隊による「おまわりさんのまちなかコンサート」では、富山県警察音楽隊のほか、宮城県警、愛知県警、警視庁の各音楽隊が演奏するとともに、地域の安全を呼びかけました。

  • 写真:富山まつりの様子7

    [7]「越中おわら踊り」では、15チーム約1,000人の踊り手が城址大通りを埋め尽くしました。おわら節が響き渡る中、大勢の参加者が優美なおわら踊りを楽しみました。

  • 写真:富山まつりの様子8

    [8]越中おわら節の歌い手日本一を決める「越中おわら節全国大会」。会場ホールには、こぶしのきいた歌声が響き渡り、観客を魅了していました。

  • 写真:富山まつりの様子9

    [9]この他にも「はたらくクルマ」や「城址公園東側広場イベント」、「星空バザール」など、多くの楽しいイベントが行われました。

  • 写真:富山まつりの様子10

    [10]まつりの最後には、よさこい参加チームがそれぞれ躍動感あふれる踊りを披露し、富山まつりを華やかに締めくくりました。

ご意見をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画管理部 広報課
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
電話番号:076-443-2012
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。